常に一手先を見据えて


浮気調査を正式依頼された時点で、依頼者である皆さんはその後の展開に関し、何らかの希望すなわち青写真を描いておくべきです。とりわけパートナーの浮気相手が誰なのか、ご自身では全く見当がついていない場合、極めて身近な知人もしくは友人である可能性もゼロとは言えず、いかなる調査結果報告を受けたとしても、冷静に次の段階へ人生の歩を進める「覚悟」が求められます。

相談豊富な実績で評判の浮気調査機関であれば、こうした依頼者側のメンタル面のケアにも尽力してくれます。恥ずかしいからと、自身の不安を飲み込んでしまう事なく、担当者に包み隠さず打ち明け相談する姿勢が大切であり、それが早期に現場を押さえる間接的効果に繋がる可能性も見逃せません。思い違いでも何でも構いませんので、頭の片隅を過ぎったヒントとなる記憶、あるいはご自身の懸念など、全てを伝えてください。

ご主人の浮気が立証され離婚となれば、慰謝料や養育費などの複雑な交渉が避けられません。大手調査組織であれば、慰謝料を弁護士に相談をすれば、常に一手先を凛と見据え、浮気を暴いた段階をゴールとせず、次の人生のスタートラインと捉えてください